贈り物に定番の理由

相手を考えた贈り物を

トップ / 相手を考えた贈り物を

贈り物は迷惑にならないもの

私達は生きていくうえで様々な人間関係を築き、贈り物を贈る場面も経験していきます。1口にギフトと言っても、これは贈る側の人間性やセンスを見られるものでもあるので、非常に難しく真剣に考えなくてはならない時もあります。自分だけの自己満足になるものでなく、相手が必要としているであろう物、究極の所、相手に迷惑でないものを選ばなければ意味がありません。開業祝いはよくお花を贈ることがありますが、これも贈る相手がどのような商売をされているのか、その店舗の広さはどれくらいかなども熟慮の上、贈り物を選ぶように心がけたいものです。

開業祝いの定番について

開業祝祝いとして、胡蝶蘭や角樽のお酒を贈るのが一般的でした。今でも胡蝶蘭は定番ですが、なぜ胡蝶蘭や角樽が使われたのか、その理由をご存知でしょうか。胡蝶蘭は見た目の華やかさも理由の1つですが、花言葉にも理由があるのです。胡蝶蘭の花言葉は、幸せが飛んでくるです。贈り物に最適ですね。角樽のお酒については、こちらは語呂合わせなのです。角樽の容量は1升か2升半で、開業には2升半の角樽を贈ります。升はますとも読み、それが2本でますますと読めます。そして、半升ははんじょうと読ませます。続けて読むとますますはんじょう、つまり益々繁盛というわけです。とはいえ、日本酒を2升半も贈られても困るでしょうから、今は先方に喜ばれる贈り物を選ぶほうが良いでしょう。

快気祝いの贈り物情報

© Copyright 快気祝いの贈り物について. All rights reserved.