腕の良い健診の代行業者の選別方法

社員の健康診断が義務化されています。健康診断が必要な理由は社員の生命、身体の安全を確保しながら働いてもらうためです。しかし、受診率の悪さに頭を抱えている企業も多いのではないでしょうか。社員の方の受診しない理由も「会社の指定する医療機関が遠い。健診の日程を忘れていた再度予約を取るのが面倒くさい。」など様々だと思います。そんな問題を解決してくれるのが代行業者です。全国の多数の医療機関と提携していることも重要で、予約やキャンセル、予約の変更などの代行もしてくれ、各医療機関の健診結果様式も違うため統一したフォーマットに変更して納品してもらうことが出来、管理も容易になります。また、各医療機関の請求も代行してもらえるため精算も一括管理してもらえます。代行業者によって変わるかもしれませんが、健診費用が一律料金の業者もあり予算や概算が立てやすくなります。

代行業者に依頼することによるメリット

健康管理を代行してもらうことで、社員の方の健康診断結果を一括管理することが出来、分析・管理業務負担の軽減、データ管理になるため業務の効率化が図れる利点があるため導入している企業が多いようです。予約代行も行ってもらえるので健診計画や受診対象社員のスケジュール調整も任せられるのでさらに業務が楽になります。社員にとっても良いことも多くあります。健康診断の連絡が来たり受診可能な医療機関の選択種多くあったり予約のしやすさがあることで健診受診率も向上します。未受診減らすため催促してくれるシステムを持っている業者もあります。受診率が上がれば受信者自身の健康状態への関心も上がり、生活習慣や労働時間の見直し、また所見が見つかった際の重症化予防し二次健診や医療機関への受診に繋がります

代行業者を使った健康診断から精算までの流れ

健診対象社員に健診の案内をメールもしくは郵送でお知らせしてくれます。知らせを受けた社員はインターネットか電話で代行業者に連絡して希望の医療機関と受診希望日を伝えてもらいます。代行業者は希望のあった医療機関に受診日等など調整し予約を確定して社員に予約確定内容をお知らせしてくれます。社員は受診日に医療機関で健康診断を行います。健診結果を代行業者が集約し、企業指定のデータフォーマットに編集して納品されます。医療機関からの請求内容は代行業者が確認、健診費用の支払いを行い、その後企業あてに代行業者から健診費用を月末など一括で請求されます。精算が終われば終了になります。代行業者に依頼することによって経費は掛かってしまいますが、社員への対応を専門に行ってもらえるので効率よく健診を受けてもらえます。