コストパフォーマンスの良い健診の代行業者の見極め方

最近、企業では総務や人事、経理に関する業務を外部専門業者に代行、委託するケースが多く見られます。これらの業務を外部に代行、委託することによって自社業務の明確化、業務の効率化、コストの削減などのメリットが得られます。特に福利厚生の充実には多くの費用と時間が掛かります。福利厚生の中で特に重要な項目に「従業員の健診」が上げられます。労働安全衛生法によって実施が義務付けられている従業員の定期検診は、従業員の健康管理の基本ですが、企業が健康診断を自社内で行うには、設備や人員をあらかじめ準備する必要があります。そのため、外部の専門業者に代行を委託することで、健康診断における手間のかかる一連の手順は企業が受け持つ必要がなくなります。そんな代行サービスを行っている業者についてご説明いたします。

健診代行サービスの導入のメリット、デメリット

健診の代行サービスの最大のメリットは、作業効率の向上です。健康診断そのもののメリットは、健康管理をすることで、退職者を少なくすることができることです。また、高額な医療費が掛からないという点も挙げられます。退職者が1人出るだけで、他の社員の仕事が増え、今までの経費が無駄になります。また、健康診断結果などをファイル、データ化し役所に届ける必要があるのですが、健診代行サービスはこういった煩わしい業務を行ってくれます。そして、健診代行のデメリットは、医療機関を熟考しなければならないという点です。健診代行の業者を選ぶときに見てほしい点は、やはり医療機関の幅の広さです。病気も様々なので、自社で最も必要な診療科を選べることが重要です。この選択を間違えるとかえって費用と労力が増えてしまいます。自社が何を求めているかをはっきりさせることで、デメリットも回避できます。

良い健診代行業者を探すポイント

自社に一番合った健診の代行サービスの業者を探すために、以下の点に注意が必要です。1つ目は、目的に見合った料金設定になっているかということです。導入には、パッケージ型とクラウド型がありますが、それぞれ金額が違います。自社に合ったプランにすることが大切です。2つ目は、機能が充実しているかという点です。便利な機能を上手く使うことによって、業務の効率化を図ることは出来ますが、現在、自社ではどのような課題があるかを精査し、その課題を解決できる機能が備わっているかを確認する必要があります。3つ目は、システムが高い信頼性を持っているかという点です。膨大な個人情報を管理するため、信頼性の高いシステムを選ぶことが重要です。4つ目は、その業者の実績です。どういった企業に導入されているかを確認して下さい。知名度の高い大企業に導入されているのであればそれだけ信頼性が高いことが分かります。