快気祝いの贈り物

快気祝いの贈り物について

トップ

病気見舞いの贈り物をする時

入院中にお世話になった方へ、全快した喜びと感謝の気持ちを伝える時には、病気が残らぬよう砂糖や石鹸などの消耗品で快気祝いの贈り物をします。花も形が残らないので良いでしょう。退院後、一ヶ月以内の大安の日に贈るのが良いとされています。そこで、注意しておきたい点は、表書きと水引きです。完治していない場合は「快気内祝い」赤白の結びきりで、死亡してしまった場合は「お見舞い御礼」弔辞を表す黒白の結びきり等となります。お返しは、半返しが一般的ですが、香典をいただいている場合は、お見舞いの贈り物後に香典返しを行います。

快気祝いの贈答品について

お見舞いをいただいて、快気祝いをお返しするのに何がいいか、それぞれですが、贈り物に頂くものはもらう側にとっては納戸の隅に置かなければいけないようでは有難迷惑になりかねません。そこで日常的によく使う必需品でかつ消耗品であるものがいいと思われます。その代表がタオルでしょう。そんなありきたりと言われるかもしれませんが、何枚あっても、たまっていても、いつかは使うものですから、贈り物でもらう以外には自分では買わないブランド物の高価なものを選ぶのがいいでしょう。タオルと言っても種類があります。フェイスタオルか小さめのバスタオル、あるいはスポーツタオルがお勧めです。

快気祝いの贈り物情報

© Copyright 快気祝いの贈り物について. All rights reserved.